banner

会社設立を安くする

会社設立を安くするための方法って?

会社設立はかつてから現代にいたるまで、様々な人によって行われることとなりました。

これまではしっかりと資本や知識、経験を溜めてから、それまで活躍をしてきた業界で独立をするというような人が多かったのですが、最近では知識も経験も資本もないという人が、いきなり会社設立を行うというようなケースも増えてきています。

さて、そうした中で会社設立を行うとなると、最初に考えたいこととなるのが「いかに安く手続きを終えるか」ということです。

公的な手続きをとることとなる会社設立は無料では行えません。

現在の制度の中で設立できる会社は大きく分けて「株式会社」と「合同会社」ですが、どちらも設立完了までにはある程度の費用がかかってくることとなります。

自身で手続きを進めるとなると株式会社であれば約24万円、合同会社でも約10万円はかかってくる部分となりますから、この費用をどのようにして安くしていくのかということがポイントです。

さて、ではどのようにすれば会社設立に関する費用を安くできるのかと言うと、最も効果的な方法となるのが「電子定款」を使うということです。

定款とは所謂「会社の法律」のようなものになるのですが、これはかつてまで「紙」で提出することが義務付けられていました。

しかしこの紙の定款を提出する際には同時に収入印紙の貼付が求められることとなっており、その印紙代は4万円という高額な物となります。

これは株式会社であろうと合同会社であろうと変わりませんから、それぞれの費用のうち4万円は印紙代に費やされることとなるのです。
ですが方法によっては、この印紙代を0円にするということが可能です。

それが「電子定款」です。電子定款とは定款を電子文書で作成して提出するものですが、これは収入印紙を貼付する必要がありません。

そのため印紙代の4万円を節約することができるのです。とはいえ、電子定款を作成することが個人には難しいということも事実です。

作成の作業の中ではICカードリーダーが必要になりますし、PDF形式の定款を作成するためのソフトも必要となります.そういったものをそろえていくと3万円以上は確実にかかってきますから、結果的な節約は1万円前後になってしまうのです。
しかしここで税理士や司法書士などの専門業者に依頼をすると、機材を新たに調達する必要はありません。
専門業者に対して依頼をする以上は費用がかかってくることとなるのですが、税務や財務のプロと関係を持つことができるということは、企業にとっては間違いなくプラスになるでしょう。
もちろん、どの方法を選ぶのかということは会社設立を行う責任者の考え方によります。
しかしながら「とにかく自分でやることがプラスになる」という考え方は危険であるということは理解をしておきましょう。

Copyright(c) 2014 会社設立で有効的に時間を使うためにするべき活動All Rights Reserved.