banner

代表役員と業務執行社員

会社設立に重要な代表役員と業務執行社員を決める

起業を考える人は多く、まだ、将来がある若者に起業を考える人が多いでしょう。

起業とは、何らかの事業を起こすことで、一般的には何らかのジャンルの事業で会社設立をすることを指すでしょう。

起業には、会社ばかりではなく、個人事業などの様々なスタイルでの起業がありますが、ここからは会社設立について説明してゆきます。

会社を設立する場合、大手の上場企業などの場合は除き、個人が1人で会社を設立するケースを説明しましょう。

会社設立となると法律上の難しいスキルが必要と考える人も多いでしょう。

近年では、自身で手続きをする人が多くなりました。

会社の約款を決定し認証を受け費用を支払い、登録免許税を支払い、司法書士や行政書士への手数料を負担し、会社設立となるのですが、ここで専門家と自信とで生じる差は、手数料のみです。

約款承認の際に電子借款にすることにより約款に貼る収入印紙の4万円が免除となり、それを手数料と考えればそれほど大きな費用差が生じないため、専門家に任せる方が時間と労力を大きく軽減しますが、約款のみを依頼するという方法もあり、手数料が少なく済むことがあるでしょう。

会社の所在地や社名事業項目、資本金、社員などの必要事項が決まったら、社員の中から業務執行社員を選びます。

業務執行社員の中から代表役員が選ばれますが、一人での起業となるとその人が自動的に業務執行社員となります。

合同出資で複数の人が同等の条件として会社設立を果たす場合、全員が業務執行社員となります。

このような会社を合同会社と言い、株式会社における取締役社員と同じ役であると言えます。

合同会社で同等の執行社員が複数存在する場合は、その中から名目上、代表社員を一人選任し、その人を社長とします。

会社で代表となるのが、一応、社長であるため、この立場をしっかりと設置することが大切です。

何人かで、代表社員を務めることもできますが、会社を設立する意味として、大きな事業に取り組むということや対外的な立場で優位にするなど多くのメリットがあり、とくに取引相手からして代表社員が何人もいる場合に、交渉ターゲットが絞りにくい点やそれぞれの役員の立場を考えると相手側からして交渉がし辛い、実質社長不在などの見方がされるため、しっかりと代表社員を決定しておくことが好ましいです。

代表社員を巡って車内トラブルも発生しかねないので、出資割合の高い人が代表社員になることが良いでしょう。

Copyright(c) 2014 会社設立で有効的に時間を使うためにするべき活動All Rights Reserved.