banner

株式会社設立の流れ

株式会社設立の大まかな流れを把握しよう

株式会社設立のための作業は事前にしっかりと計画を立てた上で実行に移すことが重要ですが、計画を立てるにあたっては、一般的な株式会社設立までの大まかな流れを把握し、これをもとに計画づくりを始めていくと良いです。

株式会社設立の作業は、数ヶ月から1年程度の期間でじっくり行われるのが一般的です。株式会社設立作業の大まかな流れを述べると、まず最初に行われなければならないのは、会社設立にあたって必要な事項の決定です。

これを全て固めておかなければ、定款認証の手続きに移行できません。会社設立あたって必要な事項はたくさんありますが、最低限決定しておくべき事項としては、商号(企業名)、事業目的、会社の本店所在地とそのスペースの確保、資本金とその調達方法、会社に設置する機関、事業年度、会社で使用する代表者印・銀行印・角印などの印鑑の調達先などが挙げられます。

これらを決定するのと並行して、定款認証や設立登記申請で必要となる会社の発起人(出資者)全員の印鑑登録証明書も、この段階で集めておくと良いです。

必要事項を決定したら定款を作成していきます。定款の内容は会社法の規定に反しないように作成しなければなりません。近年はインターネット上で定款のサンプルを掲載して解説を行っているサイトも多いので、それを参考に作成していくと良いです。

定款の内容を作成し終わったら、公証役場に持っていくために3部製本をしておきます。

定款作成後は発起人全員で公証役場へ行って定款の認証手続きを行います。

この手続きでは、製本した定款と印鑑登録証明書の他に、認証手数料や印紙代、定款の謄本交付手数料などが支払えるだけのお金の準備も必要です。当日スケジュールが合わない発起人がいる場合は代理人をたてる必要があります。

定款が認証された後は、いよいよ株式会社の設立登記申請の作業です。登記申請は本店所在地を管轄する法務局で、会社の代表者本人が行われなければなりません。申請時は、登記申請書や定款、資本金の払込を証明する書面、印鑑登録証明書、就任承諾書、印鑑届書など、多くの書類が必要です。登記の申請から完了までは1週間程度の時間を要します。登記が完了したら、登記事項証明書の取得を忘れないようにしましょう。

登記の完了後、税務署や労働基準監督署、公共職業安定所などの行政機関に様々な届出を行い、全て終了すれば株式会社設立にあたって行う作業は全て終了となり、会社の運営をスタートすることができます。

株式会社設立のための作業は上記のようにたくさんあり、中には期限が設けられているものもあります。滞り無く設立作業を終えられるように、なおかつ設立後のトラブルが無いように、一つ一つの作業は着実に行いましょう。

Copyright(c) 2014 会社設立で有効的に時間を使うためにするべき活動All Rights Reserved.