banner

会社設立で1円起業

会社設立で1円起業をするメリットとデメリット。

会社設立はかつてから多くの人が行ってきたことですが、この会社設立にまつわる法律や条例などは常に情勢に合わせた変化を見せるようになっています。

この会社設立の中で最も注意するべき法律といえば「会社法」になるのですが、この会社法は2006年の5月に非常に大きな変化がありました。

その大きな変化となるのが「最低資本金額の撤廃」が行われたということです。

かつてまでは有限会社の場合は300万円、株式会社であれば1000万円の資本金が必要とされていたのですが、その制限が撤廃されたのです。

これによって生まれたのが「1円起業」の概念です。1円起業とはつまり、この資本金という部分を「1円」として起業を行うことであり、これによって様々な企業が設立されるようになりました。

それではこの方法のメリットとデメリットとは何でしょうか。

まずメリットとして挙げられるのが「会社設立が行いやすい」ということです。
資本金は金額が大きければ大きくなるほど調達することが困難となりますから、手元にお金が無いというような場合であっても、手続きを済ませることができるだけのお金があれば誰でも株式会社や合同会社を設立できるということになったのです。
これによって大学生などの若い起業家たちが育ち、活躍できる土壌が出来あがってきたということは明らかに大きなメリットです。
しかしその反面、デメリットが全くないというわけではありません。
ではどういったデメリットがあるのかというと、特に顕著なのが「信用力が失われる」というところです。
本来であればもっと多くの資本金を用意することができたのに、「簡単だから」という理由で1円起業をしてしまうと、会社としての信用が大きく失われることにもつながってしまうのです。
それはどうしてなのかというと、資本金とはいわば「見せ金」として役目を担っているからです。
資本金が大きければ大きいほど「わが社にはこれだけの資本力があります」ということをアピールすることが可能であり、銀行をはじめとした金融機関に対して「体力がある」ということをアピールできます。
これはどのような場合でも変わらないことです。
しかしながら「1円起業」の場合だと資本金はたった1円しかないわけですから、金融機関も「本当に信用して大丈夫だろうか」というように考えてしまうのです。
会社経営をしていくに当たっては設備投資や事業投資などで、必ず融資を受ける必要が出てきます。
お金が必要になって融資を受けようとしているのに、最初に1円で起業をしてしまったばかりに信用力が欠けてしまい、融資を受けることができなくなってしまったというのであれば、その会社設立は失敗だったと言わざるを得ません。
1円起業は非常に手軽に会社設立をできるというメリットがあるのですが、そのデメリットは決して小さくないということを事前にしっかりと把握しておきましょう。

Copyright(c) 2014 会社設立で有効的に時間を使うためにするべき活動All Rights Reserved.