banner

即日で手続き

会社設立は即日で手続きを行うこともできます

会社設立には株式会社や合名会社、合資会社などいくつかの会社の体系のうちから選択して設立をすることになります。

会社として代表的なものとして株式会社があると言えるわけですが、株式会社についての会社設立では午前中から手続きについて動き出すことによって、夕方までに設立に必要になってくる全ての書類申請について完了させることができれば、即日のうちに会社設立の登記申請までについて行うことも可能です。

現在において、即日で会社設立を行わなければならないケースが多いというわけではありませんが、いざ会社設立を行いたいと思い立ったときに、会社を設立するためには最短のケースでどれぐらいの日数が必要なのかという点について知っておくことは、役に立つ知識になると言えるでしょう。

株式会社を設立するためには会社の根本的な規則について作った人物が、株式そのものを引き受けることで会社設立を行う発起設立と、会社についての規則である定款を作った人物とは別の人が株式を引き受けることで設立を行う募集設立という方法があります。

募集設立の方法では発起人とは別の人である第三者が株式を引き受けることによって、会社の設立が行われる形となりますので、手続きをするときに厳格なものになると言えます。

ですので、即日のうちに会社設立を行いたいと考えている場合では、募集設立と比較して簡単な手続きで行うことができる発起設立を選択したほうが良いと言えます。

発起設立を行うときのルールについては、会社法によって定められている形となっています。

定款を作って認証を行うことや、出資を行うこと、会社設立の際の役員を決めておくこと、その他の会社設立において必要な事項を決めておくこと、設立のときの役員が会社設立を行うことについて調査を行っておくこと、設立の登記を行うことなどが必要になります。

会社を設立するために必要な書類として、発起人の印鑑証明書や、定款を作成した後には出資金を払い込む必要があり、出資を履行したことを証明できる預金通帳を用意しておかなければなりません。

会社を代表する意味で、登記の申請をする取締役の印鑑証明についても準備しておくようにしましょう。

これらの会社の設立を行うにあたっての必要事項や手続き上の書類の準備などをあらかじめ準備しておいて、その後に素早く定款の作成などを行うことによって、最短のケースであれば即日で会社の設立の登記申請まで完了させることも可能であると言えます。

Copyright(c) 2014 会社設立で有効的に時間を使うためにするべき活動All Rights Reserved.